象と空

風車空空回り肩車

風車空空回り肩車

(かざぐるま そらからまわり かたぐるま)と読む。

1ヶ月ぶりの投稿である。

その間、30句あまりは書いたのであるが
どうしても発表できなかった。

「私の原点」に戻って1句、投稿する。
流れが変わるかもしれない、と。

春寒よ庭でゴトリと音がする

春寒よ庭でゴトリと音がする

東日本大震災を想って一句書いた。
上手ではないけれど、とにかく忘れたくないから。

私にはカラダのどかこに
正確には背中あたりに
阪神大震災の記憶がある。

東北の人も、熊本の人も
それぞれに、どこかに自然の脅威を
記憶して
ずっと生きていくのだろう・・・。

どこかの首相が
「6年経ったから」大震災の記者会見はやめたそうだ。
「6年経ったから」原発付近の避難を解除という報道もある。

被災者へのあまりにも想いのない
行動に怒りを覚える・・・。



春おぼろとろとろうつろ鶏そぼろ

春おぼろとろとろうつろ鶏そぼろ

やや過剰とは思いつつ
久しぶりに自分でも納得の作品。

春寒ではありますが、
なんともとろとろの
春昼なのであります。

薄氷右足前足千鳥足

薄氷右足前足千鳥足

特別な意味はないけれど
「薄氷」の前での躊躇を描いたもの。
漢字と「足」で構成しているところがポイント。
(そんなこと判っていますね・・・)

今日で2月も終わり。
やっぱり2月は早い。

3月を迎えるに当たって
冬色の残る作品はとりあえず
大公開!

春浅い木の実木のまま寝転がる 

春浅い木の実木のまま寝転がる 

すっかり春めいてきた。
森の林の中では
秋に落ちた木の実が散乱している。
もう、かなり傷ついたりして。

そんな風景を描いたつもり。
もちろん、象徴詩として。

今年は「俳句とはなにか?」を
問い直している。

個人的にはこの作品も答えのひとつ。
パロディというよりは
多くの人のアタマにある言葉を
違ったカタチでよみがえらせている。
俳句の「口誦(こうしょう)性」の確認。