象と空

ツナ缶の缶を落として冬夕焼け

  ツナ缶の缶を落として冬夕焼け

新しい年に心身がなじみ始めている。
俳句もとても日常的になってきた。

今年はもっと攻撃的な俳句を書こう、と思う。
どう攻撃的なのか。
イメージはあるが、言葉で言い表せない。
ただ、この句のような「柔らかさ」ではない。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック