象と空

ひと夏のひまにまかせてひも拾う  

 ひと夏のひまにまかせてひも拾う  

7月もあと1日。
蝉が鳴き、猛暑日・熱帯夜が続くけれど
確実に秋に向かっている。
そんな「時」を思いながら書いた1句。

情景も、具体性も何にもないから
「ひ」音で色づけをした。
は行での韻はややインパクトに欠けると感じた。
しかし、そのぐだぐだ感というか
締まりのなさが切ない?と思っている。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック