象と空

空梅雨にまことそらごとまぜまぜの

空梅雨にまことそらごとまぜまぜの

空梅雨かどうかは怪しいけれど
「まことそらごと」ない交ぜの世の中ということは
間違いない。
というか、そらごとばかりの社会のような気がする。

今月はまったく俳句が書けなかった。
そのほとんどは、こんな世の中を
描きたいと思っては失敗したからだ。
まさに残念至極。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック