象と空

鮫にひれしんにゅうよりはへんである

  鮫にひれしんにゅうよりはへんである

今年最終の作品がこれでいいかどうか・・?

作者としてはこの判りにくさ、
つまりすべてを読者の妄想に頼りきっているところを
とても気に入っている。

某句会に投句したときは
 鮫眠るしんにゅうよりはへんである

修正したために、説明的になったような気もする。

来る年はさらに読者の妄想を刺激する
作品が書けたらと思う。

今年はこれでちゃん!ちゃん!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック