象と空

坊さんのアタマの後ろ夕焼けの

坊さんのアタマの後ろ夕焼けの

最近心がけていることは
五七五のあとに七七が続くという意識。
いままではどちらかといえば
最初の五に還ってくるような意識だったので
個人の志向としては相当に違っている。

この句は技術的には「の」を多用している。
それは五七五での「途切れ感」を
救いたいという意識からのもの。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック