象と空

笑う門のうどん屋さんに春菊

またもや、もじりなど。

 笑う門のうどん屋さんに春菊

 春寒やごめん浅井は辞めました

一句目は「笑う門には福来たる」から来ている。
さらには「かろのうろんや」が下敷きに。

二句目は音読をする。
「ごめん浅井」を繰り返していくと
「ごめんなさい」と聞こえてくる。
「春寒やごめんなさい辞めました」と聞こえたら大満足。

こういう俳句の方法は自己満足?
自己満足、結構と開き直る作者でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック