象と空

花の中コントラバスを担ぐ人

目に見える風景を作品にしてみた。
写生ということではなく
クローズアップという視点。


 花の中コントラバスを担ぐ人

 マネキンの赤いルージュよ春の泥

いつの間にか三月が終わり、四月へ。
サクラは言うにおよばず、花々が一斉に咲き始め
こころ踊らせる。

四月が明るく、いきいきとした
時間であって欲しい。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック