象と空

新しい言葉?

 秋うららうつぼの昼寝メイドカフェ

今日から11月。
今年も差し迫った?
いや、そんな感じがひとつもしない。
「春うらら」の気候によく似た
「秋うらら」という時間があるような。
厳密には「秋うらら」という言葉はない。

で、「秋うらら」を検索すると
「秋麗」という歌詞を見つけた。
「つんく♂」の作詞。

自由に新しい言葉をつくる。
これも詩としての俳句の役割ではなかろうか?
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック