象と空

素直

ときどき、なんの装飾もなく
素の作品をつくりたくなることがある。

それが虚飾に満ちていたりして
愕然とすることもある。

さて、これはどうだろう。

 日常の庭のあたりでにこにこ夏
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック