象と空

自由な俳句

 初夏の空そこがぬけた

これ以上もこれ以下もなく
ぎりぎりの
自由な俳句ができた。

もの知りは
「自由律俳句」というかもしれない。

でも、「自由な俳句」なのだ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック