象と空

破調

破調がどこまで許されるか?
考え方としては無限。

でも、俳句の世間では
実際はこの位が容認の限界?

 初冬があって晩冬のない皇国

定型論者ではない。
でも、俳句というジャンルを思うとき
いつも定型はアタマの中にある。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック