象と空

句会投句作品

28日に俳人ホームの句会。
こんな当季雑詠5句を投句した。
いま考えている作品範囲の
広がりを見せたつもり。

天空へ秋のうぐいす追いつかず

秋の鐘鰺のはらわた抜いている

秋空はパリッとしている塔へ上る

半島に珈琲館あり穂の色の

秋競馬詐欺師の老婆勝ち続け

最近は「綺麗な句」も範囲に入ってきた(つもり)。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック