象と空

松山吟行の旅⑤

松山吟行の句は<子規の書斎>でおしまいに。

子規の書斎


 春の塵子規の机の薄明かり

明るい春の陽射しは障子を通して
柔らかな緑の光りに変わっています。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック