象と空

季語

裸にされた樹のてっぺんには
蜘蛛の巣がみえます。
これから木枯らしの季節なのにと思いながら。

 空気には重さがないよ冬の蜘蛛

蜘蛛は確か夏の季語。
言っても始まらないが
冬の蜘蛛と断らなければならないところが辛い。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック