象と空

節分

節分は母の誕生日でもある。
母は毎年同じセリフを発する。
「ワタシは誕生日にケーキを食べたことがない」

関西では節分はまず、巻き寿司にかぶりつく。
まるまる一本食べてしまう。
もう、それ以上はお腹に入らない。

で、誰かがケーキを買ってきていても
それは子供たちのものとなるわけだ。

今年は念願のケーキをと
昨夜も言っていたが、
信心深い母の口には入らないと思う・・・。

近頃、母みたいな年寄りをみていると
とてもおかしくなる。
切ないとか寂しいとかの気持ちではなく
なんとなくユーモアを感じるのだ。

爺さんがまた怒られる節分よ
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック