象と空

単純に

駐車場の金網を支える支柱に凭れていた。
この前まで明らかに熱くて
そんな姿勢はとれなかったのに。
じっとしていると
金属の冷たさがカラダに染みついてきた。
季節は巡っている。

血の鼓動街の鉄柱冷えていく
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ご無沙汰してます。
季節の移り変わりって、季語になるもの以外にも、
思いがけないところからもわかるものですね。。
この俳句にはまた、男性らしさも感じました。。

聖鈴 | URL | 2010年10月05日(Tue)20:07 [EDIT]


 

トラックバック