象と空

無季

沖はるか紙飛行機に向上心
最近、無季の句が多い。
季語を考えていると世界が狭まってくる気がして
ついつい、無季のままで放り出す。
季語を中心に据えない俳句観は
こんな微妙な心持ちから育っている。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック