象と空

ヒロシマ

蝉が飛ぶヒロシマの空青々と

この時期は決まって若い時代を思います。
ヒロシマへ出かけた青春。
暑さ、人の波、夾竹桃。
夜は屋台で飲んでました。
貧しくても、暑さに負けない・・・。

今朝、テレビでヒロシマの黙祷を観ていると
つーんと来てしまいました。

ヒロシマよどこまで続く鰯雲

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック