象と空

怖い話も

フィクッションならどこまでも行こう。
ミステリーも恐怖も自由自在に俳句にしたい。
結論としては「言葉遊び」

もっとがんばらないといけないが・・・。

図書館の丸い人形黴の中
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック