象と空

オノマトペ

擬態語。
それで俳句をつくると
とても上手になった気がする。
でも、擬態語をつくるのもたいへんだ。

ゆさゆさと献身的に春の午後

だぶだぶの大阪暮らし春の雨
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

「だぶだぶの大阪暮らし」が、イメージとしてぱっと飛び込んできました。。
擬音語・擬態語って上手くはまると、感覚というか、「こんな感じ・・・」というのを伝えるのにはいいですょね!
オノマトペといえば、種田山頭火

ほろほろ酔うて木の葉降る

も好きです^^

聖鈴 | URL | 2010年04月17日(Sat)17:18 [EDIT]


擬音語や擬態語は大阪の得意とするところ
だとおもいますねぇ。
ぱーっと!とかめちゃめちゃや!とか、ばーって行って
がーってなったら....と使ってますもん。
かなり乱雑な言葉になりがちですがそれで伝わるのだからすごいと思います。
大阪はだぶだぶ.....なんとなく京橋な感じ。
ゆさゆさ?これは宗右衛門町の裏通り?

 ゆさゆさと揺れる谷間と赤提灯

まいど、失礼しました。

jessica | URL | 2010年04月18日(Sun)15:11 [EDIT]


認識不足

jessica さん
気づきませんでした。
擬音、擬態語は大阪の得意技ですよね。

どんどんつくって
どんどん使ったらいいんですよね。

ソーラ | URL | 2010年04月20日(Tue)10:04 [EDIT]


ありがとう

聖鈴さん
俳人ホーム句会参加ありがとうございます。
管理人からメールがきてました。
いい作品だと。
見せてもらうのが楽しみです。

ソーラ | URL | 2010年04月20日(Tue)10:06 [EDIT]


 

トラックバック