象と空

客観写生

俳句は客観写生とよく言われる。
叙事詩ととらえる考えもある。
でも、叙情詩としての俳句もあるはず。
想いのたっぷり入った俳句も認められるべきだ。
つぶやきみたいな俳句もあるなあ、そういえば。

  呟いて昨日今日明日春一番
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック