象と空

空梅雨にまことそらごとまぜまぜの

空梅雨にまことそらごとまぜまぜの

空梅雨かどうかは怪しいけれど
「まことそらごと」ない交ぜの世の中ということは
間違いない。
というか、そらごとばかりの社会のような気がする。

今月はまったく俳句が書けなかった。
そのほとんどは、こんな世の中を
描きたいと思っては失敗したからだ。
まさに残念至極。

スポンサーサイト

五月晴れ嘘がばれたようさ晴らす

五月晴れ嘘がばれたようさ晴らす

170604朝顔

六月に入ったのに五月晴れのような天気が続く。
でも、大阪は明日から雨、そして入梅へ。
事務所のベランダではひとあし早く?
アサガオが咲いて、
季節はぐちゃぐちゃ。
(因みに、アサガオは秋の季語である)

嘘というか忖度というか
本当に嫌になるぐちゃぐちゃのニュース。

せめて共謀罪反対!と叫んで。
この句を書いた。

空青い揉めば新茶の香りする

 空青い揉めば新茶の香りする

こんな五月の空にあこがれる。
今日は真夏のように暑かった。

歌姫は身をそらしど滝の音

歌姫は身をそらしど滝の音

某句会に投句。

時代の音が掻き消されていく。
そこまでの深読みはしにくいけれど・・。

ハイビスカス壊れていくよ手のひらで

ハイビスカス壊れていくよ手のひらで

ハイビスカス小

わが家の鉢植えのハイビスカス。
今年も見事に花を付けた。
昨秋11月始めまで咲いていて
パワーを感じ、健気にも思ったりしている。

でも、やはり、ハイビスカスは南国沖縄の花だ。