象と空

短歌集

短歌集2

このブログに2008年から3年間書き綴った短歌を
「ブログ本」というカタチでまとめてみた。
俳句はとことんこだわるが
短歌はあくまで余技?
でも、こうやってまとめると愛着が出てきた。
約260首掲載している。

ブログ本も初めてだが
編集を上手にやればそこそこの本になる。
ブログの書き方で、
編集も簡単にできるという学習もした。

ちなみに、欲しいという人が出てきて
5冊作った。

スポンサーサイト

つるべ落とし


あいつらはワタシの写真持っていて
               バラすとおどすつるべ落としよ


四首


かまきりの死骸があって今年はもう年賀状さえ準備できない


十二月ハンバーガーはおいしいと信じる女は信じられない


大阪の暮色楽しむカップルの大胆衣装気持ちわんさか


あんたにはあきれた飽きた秋暮れて空き時間に逢う団地妻
 

064:可憐

読みかけの本のしおりが可憐ですあの女には不幸が似合う

063:スリッパ

大阪は赤いスリッパ履いたまま不倫している夕焼けきれい