象と空

ドラえもんからくりいがぐり栗ご飯

  ドラえもんからくりいがぐり栗ご飯

20171017毎日新聞

10月17日、本日の毎日新聞朝刊掲載。

デジタル毎日新聞は
選挙キャンペーンで現在、無料で
ご覧いただけます(ただし、東京版のみ)
ぜひ,お確かめください(笑)

スポンサーサイト

正直は三文の得秋ごはん

 正直は三文の得秋ごはん

発売中の「俳壇」11月号 「現代俳句の窓」に
近作6句が掲載されています。

俳壇11月号

少し軽いと思いつつ
持ち味なので・・・。

そうか菊池この手があったな秋の風

  そうか菊池この手があったな秋の風

ありがたいことに(うれしいことに)
拙句集「新とどのまつり」が
あちこちで紹介されている。
(編集者の方、ありがとうございます。)

子規新報
(子規新報 9月25日号)
「紫」
(「紫」=山崎十生主宰 10月号)

「俳壇」11月号には
新作6句も掲載予定。

どうぞよろしくお願いします。

大空のどんぐりむっくり純情派

大空のどんぐりむっくり純情派

急に冷えてきた。
10月だもの・・・。

道にどんぐりが落ちている。
見上げれば、木に繋がっているどんぐりも

どちらが純情派で破滅派か。

美しい尻馬に乗る馬肥える

美しい尻馬に乗る馬肥える

10月である。
尻馬に乗ってはしゃぎたい。
ストレスである・・・。

言葉は必ずしも伝わらない。
伝わらないことの方が多い。

伝えるために俳句を書くのではなく
伝えることを拒否するために書くこともある。


平成の横綱あんこまんじゅしゃげ

 平成の横綱あんこまんじゅしゃげ

秋場所が終わった。
10代の頃はよく相撲を観に行ったけれど
最近は話題にすらしない。
しかし、今場所四横綱のうち
三横綱、そして大関を含め上位陣に
休場が続出。
何の意味もないのに、新聞で星取り表など
何度も眺めた。

そうこうしてたら
「あんこ力士」を思い出し、
一句が出来上がった、ということ。

まあ、長い前説で、申し訳ないです。

秋茄子のなすすべもなしロケット弾

秋茄子のなすすべもなしロケット弾

思いのままに読んで欲しい一句。
どこかのエライ人は「ロケットマン」と
言っていた・・・けどね。

でも、それだけではない。
なすすべないことばかりの秋なのだ。

ゴム製のカエルぴょこぴょこみぴょこぴょこ

ゴム製のカエルぴょこぴょこみぴょこぴょこ

なんでもありにしよう!!
で、ものにした一句。

続きがなかなかである、
が本音。

おっさんのおでこぱっちん鳳仙花

 おっさんのおでこぱっちん鳳仙花

発表出来るときは
できるだけ発表しておこうと
最新作を。

子どの頃、
鳳仙花のぽこん!と
弾くのが愉快で、
よくぽこん!した。

秋めいて醤油のしみのぬけぬまま 

 秋めいて醤油のしみのぬけぬまま 

素直に書いたら
醤油臭い句になった。
じっと見ていると
「まぬけ」ってみえてくる・・?